ブログ・ニュース詳細

植民地化されてもタトゥー文化が生き残ったサモアにおけるタトゥーの意味とは?

皮膚に傷を付けて着色することで模様や文字などを描く入れ墨(タトゥー)は、古くから世界中のさまざまな文化で行われてきました。16世紀の大航海時代以降にヨーロッパの列強諸国によって植民地化された地域では、キリスト教の宣教師らがタトゥーを野蛮なものとみなしたため、タトゥー文化が消えてしまったケースが多くありますが、南太平洋のサモアではタトゥー文化が消えることなく続きました。いったいなぜサモアではタトゥー文化が生き残ったのかという理由について、サイエンスライターのAmber Dance氏がまとめています。続きを読む...


ユーザレビュー
  • 0
  • 0
  • 0


おすすめブログ・ニュース