総合メディアステーション・ロクイー

[GDC 2018]「Mystery House」はこうして作られた。ゲーム史の研究者によるPostmortem(事後検証)という異色のレクチャー

 コンピュータになじみのない主婦,ゲームを作りたいとは思っていなかった夫。そんな2人が,のちの歴史に大きな影響を与える重要なゲーム作品を作ることができるのか? こうしたテーマを扱う講演が,GDC2018で行われた。「MysteryHouse」の開発をゲーム史の研究者が語ったのだ。
もっと詳しくをみる

引用: Loquy Article 編集部


コメントを書き込む


おすすめブログ記事